top of page

脂質を味方に付けろ!

いつもご覧いただきありがとうございます。


埼玉県熊谷市のパーソナルジム

シマザキジム熊谷店の嶋崎です。

■Instagram


お仕事やトレーニングお疲れ様です。


ダイエット・除脂肪をしていく上で、

脂質の取り入れ方は、

ダイエットや体作りの行方を大きく左右します



一般的なダイエットでは、

「脂質を減らしましょう!」

「低脂質ダイエットをしましょう!」

物事を進めていくパターンが多いです。


が、しかし

極端に脂質を抑えすぎると、


ホルモンバランスの乱れ

生理不順 (女性)  

肌荒れ        

抜け毛        

倦怠感の持続     

テストステロン低下  

免疫力の低下     


等など、

体や日常生活に対して、

悪影響を及ぼします。


裏を返せば、

適度に良質な脂質を摂ると、

これらが改善されるのです。



なので、

脂質を抑える!という捉え方より、

体に良くない脂質を抑える!

という捉え方に変えてみましょう。


初心者や分かりにくい方には、

脂の質を変更することを推奨しております。



ex)

1.

サラダ油をオリーブオイルや

ココナッツオイルに変える



2.

食パンにバターやマーガリンを塗らないようにする

無添加ピーナツバターに変更


3.

ポテトチップスや唐揚げなどの揚げ物や

スナック菓子を封印する

→お菓子を煎餅少々などに変更する

→鶏肉は揚げない


4.

洋菓子は週末や休日のご褒美に美味しくいただく


等と、

いきなり脂質を全カットするのではなく、

内容を変えることが理想的です。


オススメの脂質源


・ナッツ(食物繊維も豊富)

・全卵(完全栄養食)

・アボカド(森のバター)

・魚(EPA)

・豚肉(ビタミンD)

・納豆や豆腐


この辺りを日々の食生活に取り入れてみましょう!


調理する際は

クッキングシートなどを使用すると、

油を敷かずに焼けるので、

余計なカロリーを摂らなく済みます^^



まとめ


極限まで脂質をカットするのは、

SNSやYouTube上の

ボディコンテスト競技者の減量末期の方や、

注目を浴びたいインフルエンサーです。


一般的なダイエッターは

卵の黄身を捨てる必要もないですし、

鶏皮を捨てたり

脂質を極端に減らす必要はありません。


脂・油でカロリーを上乗せし過ぎない!

ということにフォーカスして

食生活を楽しみましょう。



ダイエットを成功させたい方は、

日々の食事管理を頑張り

唐揚げやケーキは週末に楽しみましょう!


僕もケーキやパンケーキが大好きです。

次の休日に食べようかなと考えております。



_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■ホームページ

■Instagram

■LINE公式アカウント

■Youtube

Commenti


bottom of page